マーク・ニューソンのiwatch


今日はこの記事から。

Marc Newson Joining BFF Jony Ive On Apple’s Design Team・・・マークニューソンがAppleデザインチームとジョイント
Report: Marc Newson Joining BFF Jony Ive On Apple's Design Team | Co.Design | business + design

この記事によると、iwatchのデザインに、マーク・ニューソンが関わっている模様です。

iwatchって、話題にはなっていますが、たまに発表されるスクープ画像などを見ても、ライバルメーカーが先行販売している物を見ても、あんまりかっこよくない。

使っているシーンを想像しよう。

時計サイズに小さくまとめたインターフェースは、いかにも、操作しづらそうだし。電車の中で、あれをのぞき込んでFacebookやるのも辛そうだし。古くて恐縮だが、科学特捜隊みたいに、時計に向かって話しかける絵も、好きな人はいるかもしれないが、街かどでは、とても恥ずかしくてやってられない。第一、周りに声が、丸聞こえじゃないかって思うと、本当に、必要とされてるんだろうかって、思ってしまうのです。今あるiPhone以上の情報処理は出来ないでしょうから、ただ小さく使いづらいiPhoneでは、それほど欲しいと思えないし。

時計好きの裕福な層にしてみたら、おもちゃみたいな物を手首に巻いても、すぐ飽きちゃうだろうし、機能としても、デザインとしても、何処に需要があるのか、僕はかなり懐疑的です。

ユーザーの生活を変える魅力が必要だっていうけれど、iwatchから、普通に想像される生活シーンは、それほど、期待されている物とは思えない。長い目で見れば、時計のIT化は求められるだろうけど、今、出されているネタだけだと、ガジェットの域を出ていない。

おそらくApple=ジョナサン・アイブもそのことはよく分かっていて、何らかの提案が必要と考えている。だからマーク・ニューソンをよんだんじゃないかって。そう思ったんです。

ジョナサン・アイブは、iwatchがスイスの人に迷惑をかけるかもしれないと言ったそうだけど、果たして、どういうスタイルで出るんだろうか?

いきなりスイスの高級時計と並ぶようなものは出来ないだるし、第一、高級時計は機械式だから高級なんで、そこは無理とすると、彼等の設定したライバルは、スウォッチじゃないかって、ここで、邪推します。

Apple×ジョナサン・アイブ×マーク・ニューソンは、スウォッチをターゲットに、どんな提案をするか?

ま、僕の単なる邪推に終わるとは思いますけどね。すぐに分かりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>